· 

コミュニケーションする色

DICの日本の伝統色から選んだロゴカラー

もうじき、バレンタインですね。

 

スイーツショップやデパートの特設会場が、

赤やピンクのハートで溢れる季節です。

 

パッケージも一段と華やかになるこの季節に

贈る人を想い浮かべながらチョコレートを選ぶのは、

何歳になってもウキウキと楽しいものです。

 

 

ところで、ハートは愛のシンボルマークですが、

どうして赤やピンクなんでしょう?

 

グリーンやブルーでは、愛のシンボルにはならないのでしょうか?

 

 

ここでちょっと実験をしてみたいと思います。

 

下の画像をご覧ください。

赤&ピンクのハートの画像を

グリーンやブルーに変えてみました。

 

グリーンはフレッシュなイメージ
ブルーは涼し気で爽やかなイメージ

いかがでしょう?

 

同じ形(デザイン)をしていても、

色を変えるとイメージが大きく変わりますね。

グリーンはフレッシュで穏やかなイメージに、

ブルーは、涼し気で爽やかなイメージを感じないでしょうか?

 

心臓をイメージさせるハートマークは、

「心」「気持ち」へと連想が繋がります。

 

赤は、愛情や情熱をイメージさせる色。

そして赤を薄くしたピンクには、

優しさや母性愛のイメージがあるので、

ハートのイメージと繋がりやすいですね。

 

フレッシュなイメージのグリーンや

爽やかなイメージのブルーでは

「愛する気持ち」を表現するには

ちょっと物足りない感じがします。

 

 

というわけで、恋人や家族、友人…

大切な人へ愛を届けるバレンタインには、

やっぱり“愛情”や“情熱”を届けてくれる赤やピンクが似合います。

 

 

このように、色は私たちにイメージを伝えてきます。

 

真っ赤な服を着た人に派手な印象を抱いたり、

紺色のスーツを着た人に誠実さを感じるのも、

色のメッセージ力が大きく作用しています。

 

またビジネスの現場では、

商品パッケージやブランドロゴを通じて

お客様とコミュニケ―ションを取ってくれる色は、

ビジネスではとても有効で、その色選びはとても重要です。

 

形と色、言葉と色など、

同時に異なる要素が与えられた時に

色と意味が一致していないと、

受け手は違和感やストレスを感じ、

伝えたいメッセージが伝わらない…なんてことが起こります。

 

これを心理学用語で「ストループ効果」と呼びます。

 

経営者や担当者の“感覚”や“好き嫌い”で

色を選ぶことが、どれほどリスキーなことかお分かりいただけるでしょう。

 

色のコミュニケーション力、侮るなかれです。

 

 

 

ところで。

 

コミュニケーションという言葉。

“Communication”英語ですが

日本語の訳語がないなぁといつも感じます。

 

国語辞典では「コミュニケーション」は

そのままの言葉で掲載されています。

 

Communicationを英語の辞書で調べると

以下のように書かれています。

  1. act of transmitting(伝達すること)
  2. exchange of information or opinion(情報や意見を交換すること)
  3. a mean of communicating(共有・交流すること)

※The Merriam-Webster Dictionary より 

 

コミュニケーションは言葉や行動で行いますが、

単に「伝える」だけでなく、

相手と意見や気持ちを交換し、

通じ合うことまで含まれています。

 

「気持ちを通じ合わせる」ことは、

日本人が得意なことだと思うのですが、

該当する訳語が存在しないということは、

直接的な言葉で気持ちを伝える文化は

日本にはなかった、もしくは美しいとされていなかったのかもしれません。

 

「阿吽の呼吸」「以心伝心」など、

言葉を使わず通じ合うことを表す言葉はあるのですけどね。

 

もちろん。

これらの言葉に該当する英語はありません。

 

 

色彩の話からズレてしまいましたが、

そういった意味でも、

言葉を使わず気持ちを伝えることができる色は、

日本人には馴染みやすいコミュニケーション方法なんじゃないでしょうか。 

 

 

今回は、かなり長文になってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

*******************

 オフィスいろどりのSNSはこちら。

【instagram】 irodori.1616

【instagram】 colorhunting_by.officeirodori

【facebook】 オフィスいろどり / Office Irodori   

 

オフィスいろどり

お仕事のご相談、ご依頼、お問合せはオフィスいろどりまで。

お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

  • ビジネス戦略に色彩を活用したい
  • 建物の色彩計画について悩んでいる
  • インテリアのカラーコーディネートを頼みたい
  • プロダクトのカラープランニングを相談したい
  • 研修(色彩・VMD)講師を探している
  • カラーのスキルを仕事に活かしたい

 

メモ: * は入力必須項目です

-Home

コンセプト

お知らせ

こんなときにご相談ください

 

-About us

代表 岩尾美穂ごあいさつ

プロフィール

オフィス情報

 

-for Business/法人様向けサービス

カラーディレクション

色彩計画/カラーコーディネート

研修

セミナー

執筆・監修

 

-for Personal/個人様向けサービス

インテリアカラーサポート

プライベートカラーレッスン

色彩検定®対策講座

 

-Performance/実績紹介

カラーディレクション例

色彩計画・カラーコーディネート例

研修・セミナー実績

大学・各種学校講師実績

執筆・監修実績

 

-Contact us/お問合せ

-Blog

-サイトポリシー